読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサービスのつくり方 - いかにして高校生が効率よく大量のおっぱい画像をダウンロードしたか

ゆーすけべーさんから献本していただきました。ありがとうございました。yusukebe++

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)

Perlを使い始めて結構な時間が経つけど、未だにWebサービスをつくれていない。なかなかアイディアが思い浮かばないからかもしれないし、実装ができないからかもしれない。
そもそも原因は何なのか。

この本はWebサービスがつくりたくてプログラミングを始める人にぜひおすすめしたい。そして、Webサービスを作りたいと思って、一度つまづいている自分にとってうってつけの本だった。
いきなりWebサービスをつくるのは、なかなか難しい。そもそもどこから作ればいいのかわからない。この本には企画、設計からプロモーションと運用までWebサービスをつくるにあたってのヒントが書かれている。でも、そこまでカタくない。おっぱいと全裸でWebサービスのつくり方を学べる。そんな本はそうそう無いだろう。


ここでおっぱい画像をダウンロードするスクリプトを熱く語ろうと思う。本の中でも「とある高校生の話」として紹介されている。
自分がプログラミングを始めたばかりの頃は当たり前だけどコードそのものがうまく書けなかった。簡単なWebサービスを作ろうとしてもうまく書けない。そうなると泥沼にはまってしまい、プログラミング自体をやめたことがあった。
そんなときに出会ったのがあの「大量のおっぱい画像をダウンロードするスクリプト」だった。
一見ふざけた内容に見えるけど、まずは書きたくなる気持ちが大切で、このスクリプトからたくさんのモジュールの使い方を学んだ。この一歩からウェブページをクロールするスクリプトを書いてみたりしていくうちにだんだんとコードを書くのが楽しくなっていったのを覚えている。

おっぱいをきっかけにコードを書き始めた自分も一度は挫折した。はじめの一歩を見つけるのは少し難しいかもしれない。
でもこの本はその「はじめの一歩」になってくれる。「Webサービスのつくり方」を読むことをぜひおすすめしたい。